忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2019/12/13 01:07 | ]
椎名桔平
信長のエキセントリックさをうまく演じてたなあ
了解した又右衛門は信長に会うが

<火天の城>原作者・山本兼一さんに聞く 「西田敏行さんは堂々たる“大棟梁”だ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00000001-maiall-ent

西田敏行はもとより
その総頭領に選ばれたのは熱田の番匠・岡部又右衛門(西田敏行)
岡部翁の妻役、大竹しのぶはなんだかやつれすぎてて
脚本
椎名桔平へ
一方、妻や娘の支えなど人間愛も描かれています
田中光敏
見てて疲れ
特に、奥さんの常に笑みを絶やさず、しかし、その陰で苦労している告白シーンは(涙)です
横田与志

映画『火天の城』
http://tuberose.cocolog-nifty.com/tawamure/2009/09/post-5df3.html

樹齢2000年のヒノキは見つかるのか
ちなみに、椎名桔平の信長役はなんか良かったです
そして無事城を建てることができるのか?
信長役の椎名桔平がよかった
監督
天正、織田信長(椎名桔平)は安土に城を築くことを決定した
PR


[ 2009/09/23 00:29 | TOPIC ]



<< 罪と音楽  |  ホーム  |  ウミヘビ >>