忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2018/11/21 23:29 | ]
プロテオグリカン
③組織因子系制御(TFPI)
近い将来、日本でも細胞がマトリックスの使用が認可され
ウィークペディア辞典より引用分、
kDaの二量体タンパク質
アースリースージに入っている、グルコサミンとはプロテオグリカンの重要成分で
ケラタン硫酸は、硫酸化されたガラクトース(Gal)とN-アセチルグルコサミン(GlcNAc)の二糖の繰り返し構造から構成される
病状が進行すると
2本鎖がC端のS-S結合でつながった230
これら抗原に対する抗体はいずれも同じ高分子のケラタン硫酸プロテオグリカンをエピトープとして認識している
細胞膜の複数の細胞接着分子,プロテオグリカン,他の細胞外マトリックス(フィブリン,コラーゲン)などと結合
プロテオグリカンのアイテムページ
Xa因子と複合体を形成しこれを阻害するとともに細胞膜に結合し

山栗木美
http://ameblo.jp/omocha-poipoi/entry-10365456058.html

身体を円滑に動かすための弾力のある潤滑油のような役割を果たしています
また、デコリンは結合組織にみられ、増殖因子やコラーゲンと相互に作用しながら細胞増殖を制御する
原因は軟骨組織を構成している
そのほかに約20%のコラーゲン、たんぱく質と糖分からできたプロテオグリカンとこれらの分子を作り出す軟骨細胞で構成されています
ヒトを含めた脊椎動物に顕著な成分は、コラーゲン、プロテオグリカン、フィブロネクチンやラミニンといった糖タンパク質(一部は細胞接着分子)である
内部に複数存在するプロテオグリカンの中でも、“ルミカン”だけが、唯一年齢とともに
TFPIは血管内皮細胞で作られ、内皮細胞上のヘパラン硫酸プロテオグリカンに結合し、一部は血中リポ蛋白と結合しています
を合成する軟骨細胞の異常が原因で発症すると考え
アミノ酸の一種であり、軟骨や爪、腱、靭帯あるいは細胞間をつなぐ結合組織など全身に広く分布し、
プロテオグリカンの素になる
フィブロネクチンはA,B
これらの質や強度を維持する上で必要不可欠なたんぱく質がプロテオグリカン
コンドロイチン
デコリンは、軟骨機能に重要な役割を果たすプロテオグリカンに属し、構造やサイズは多岐にわたり、全身に存在するタンパク質である
グルコサミンは、保水性にすぐれたプロテオグリカンの合成に必要な材料になるだけでなく、軟骨細胞を
減少することをランコムが発見したそうです
られています
PR


[ 2009/10/26 22:01 | etc ]



<< バスタード アニメ  |  ホーム  |  アキュラホーム >>